目カメラで撮ったから

自制できるもんならとっくにしている

2018年よく聴いた曲

なんと今年で4回目。まさかこんなに長くこのブログを使うとは思わなかった。宝塚にハマり始めた頃に気分転換でnoteに移ってみようかな~と考えたこともあったけど、地続きの方がなんとなくおもしろいような気もして、なんだかんだここに居座り続けています。果たして来年はどこでなにをしているのか!ジャンルはステイなのか?そもそもまだオタクなのか?いやきっとオタクだ!あきらめな!
…ということで今年も特にジャンル関係なくまずは10曲、その後番外編という名の欲張りおまけをぺいっと記録していきます。

 

 

 

 宝塚歌劇団花組 - 愛のない世界
愛のない世界

愛のない世界

  • provided courtesy of iTunes

この曲を耳に入れた瞬間「ポーの一族」の一幕最後に登場人物ほぼ全員が舞台に現れる壮観な光景が脳内スクリーンに瞬時に再生されます。観た方にしか伝わらないけど本当にあの場面は絵画でした。花組は絵
明日海さん、エドガーとして生きていた時の声が本当に凄かったんですよ。通常の男役の声とも違う、普段話している時の声とはもちろん違う、もうただエドガーの声なんです。萩尾先生以外答えを知らないかもしれないけどでもエドガーの声だった。ただでさえ美しい人なのにその身体に宿る役者魂が凄すぎて、時々本当にこの人は人間なのか…?と疑ってしまう。普段はあんなにほわほわしているのに…
曲自体については重たいわ~っていうずっしり感が好き。歌詞とそのパートを歌う役がリンクしているので曲を聴いただけでも観劇した日に引き戻される。そもそも「ポーの一族」の音楽は全員主役になろうとしてるだろ!ってくらいヘビーだし濃い!でもあれが全部生演奏だったことを考えると贅沢でしかないんだよな

 

 

NCT U - YESTODAY


NCT U 엔시티 유 'YESTODAY' MV

YESTODAYはお洒落カッコ良すぎてちょっと戸惑った曲。MVまでお洒落カッコ良くてもはや嫉妬した。チームNCT、イイキョク多すぎじゃないですか?日本オリジナル曲についてもKドルがこれまで出した楽曲の中では一番すんなり受け入れられた気がする。まあこんなもんか~、じゃなかったの初めてかもしれない
ちなみにこの曲はNCT U名義ですが参加メンバーはボーカル(ドヨン)+ラッパー(テヨン・マーク・ルーカス)の4人です。結局Uがなんなのか未だによくわかっていない。でもドヨンくんの声はわかりすぎるほどにわかる。それってすごく強みだなぁと思います
で、この書き方すると10曲に絞り切れてねーじゃん!という感じになってしまうのですが、今日この記事を書いている時はYESTODAYの気分だった…という具合にYESTODAY・BOSS・TOUCHはほぼ同列で好き。見事に「EMPATHY」収録曲ですね!このアルバム本当に好きです

 

 

SHINee - Who Waits For Love
Who Waits For Love

Who Waits For Love

  • provided courtesy of iTunes

テリロガでカムバした時もiTunesに入れるだけで活動は追っていなかったので、この曲を披露したMカのカムバステージで初めて4人体制になったSHINeeを見ました。意図的に避けているつもりは全然なかったけど、どこか少し怖い気持ちもあったのかもしれない、といま振り返ってそう思う。
でも、4人のSHINeeで創り上げられた音楽も本当に素晴らしかった。合計3枚からなる6thフルアルバム「The Story of Light」は元々知っていたSHINeeの格好良さと、新しいこれからのSHINeeが混ざった印象でした。スタイリッシュに磨きが掛かってすごくすっきりしていた。韓国は元々アイドルとそれ以外の歌手との垣根が曖昧だけど、SHINeeはもうSHINeeというアイデンティティをしっかり確立しているんだなぁと改めて感じたアルバムだった。中でもこの曲が一番好きです。

 

Tenny(테니) - 159cm


[MV] Tenny(테니) - 159cm

サムネに釣られて再生したら曲まで好きだったパターン。Tenny氏の情報はなかなか日本語サイトでは見つけられなかったのでMnetに登録されているプロフィールを和訳したところ“17歳で作曲家としてデビュー、現在はラッパーとしても活動中”とのことでした。「Ore Wa Ore(俺は俺)」という歌詞に日本語を使った曲もリリースされていた。おお~気になるな。159cmは割と歌寄りですが
しかしこのMVすごかった。もう何回も見ているしこれからも定期的に見返すと思う。見ての通り女の子同士のカップルがこのMVのヒロインなんですけど、ただのかわいい百合MVだと思って見たら大間違いです。観終わった後ほんとにすみませんでした…と思いながら即二周目に入った。設定が一昔前なので余計に…なのかもしれないけどこの制服を脱いだ後もお互いの思いを貫いてほしいなあと思う。少なくともこのMVの中ではハッピーエンドなのでいいんですけど!
メガネの彼女がセーラー服の彼女に触れる寸前のあのそわそわする感じ、見ているこっちも死ぬほどドキドキした。短編映画並みの満足感ここにあり

 

 

スタァライト九九組 - 星のダイアローグ
星のダイアローグ

星のダイアローグ

  • provided courtesy of iTunes


少女☆歌劇 レヴュースタァライト 第一話「舞台少女」

(似たようなサムネが続いているのは気のせいだよ?)
当方宝塚歌劇のファンなので歌劇の名が付くアニメをスルーするわけにはいかんでしょ、と思い第一話を再生した結果めちゃくちゃハマってしまいました。内容はそこまでヅカ感なかったけど(いやちょっとあるけど)舞台という場所で生きることを夢見る少女たちの思いが可視化される場面ではもうダバダバ泣いてしまった。若干セカイ系の雰囲気もあるので個人的にはようわからん…?みたいな部分もありましたが、ところどころ宝塚オマージュも散りばめられていてそっちの意味でも見ていて楽しかったです。純那ちゃんの部屋にまぁみりのポスター*1が貼られていることに気がついた人すごい
私はふたかお*2推しなので第6話「ふたりの花道」の“約束のレヴュー”が大好きなんですけど、

「華恋が言ってただろ?舞台少女は日々進化していくって…だから、天堂やクロは主役を張ってるのに努力をやめないんだ!」

「あたしだって、香子のファンのままじゃ嫌なんだよ! 一番近くでおまえと一緒に“キラめき”が見たいんだ!香子!」

ー少女☆歌劇レヴュースタァライト 第6話より

という双葉はんの台詞にふたかおやあの人やその人に思いを馳せて涙出た。わかる…
肝心の曲についてですが、歌劇をモチーフにしているだけあって特にアニメ後半部分の“レヴュー”と呼ばれるバトルシーンに使われている曲はめちゃめちゃ力が入っていたと思います!レヴューソングでは華恋ちゃんVS真矢様の「誇りと驕り」が特にミュージカルっぽい重厚さがあってたまらないんだな~
………と、なぜかここまで若干の気合いを入れてアニメの話をしてしまっていた。星のダイアローグはアニメOPでした。この曲は絶対的主人公っぽさがあって本当に大好き!
“あの頃には戻れない 何も知らなかった日々 胸を刺す衝撃を 浴びてしまったから”

 

 

LOONA - favOriTe


[MV] 이달의 소녀 (LOONA) "favOriTe"

\る~なをApple MusicせめてiTunesに返してくれ~~~~~!!!!!/
2018年はLOONAが遂に12人揃ってカムバしましたね!最初はこの活動曲といいありきたりな制服衣装といい、神秘のる~なよ…これでええんか…?みたいな気持ちであんまり好きじゃなかったんだけど、聴けば聴くほどこのヘンテコ違和感不協和音がクセになって最終的にこんなこと(=突然のiTunes撤退)になるなら音盤買っておけばよかった…と後悔する程度には好きになってしまいました。
私は特にちゅ~ちゃんが大好きなんですけど綿あめみたいなベビーフェイスなのに歌声がパワー系なのほんとにズルくないですか?去年ここの振り返り後にHeart Attackが公開されたので絶妙にランキング外になってしまったけどチュウソロはLOONAの中でもトップクラスで好きです。ちゅ~たまかわいいよ~もうなんでも買ってあげたい…

 

 

SUNMI - Siren


[MV] SUNMI(선미) _ Siren(사이렌)

リリース順に書き進めていますが、今年の一番を選べと聞かれたら私は迷わずソンミのSirenにします。もうずっと聴いています。カシナに続きソンミの持ち歌の強さすごい!もうすっかりソンミペンです^▽^
Sirenに関してはワンガのタイトル曲候補になっていた、というエピソードにグッときてしまったよね。バンド用に編曲することが難しくて結局その時は採用されなかったみたいだけど、もしかしたらSirenのワンガver.が存在していたのかもしれない…と思うと我々は常に枝分かれの先で生きているのだな~と思わざるを得ない(唐突に重い)ちなみにその時に選ばれたタイトル曲が「Why So Lonely」なんですって!

 

 

GWSN(公園少女) - Melting Point
Melting Point

Melting Point

  • provided courtesy of iTunes

GWSNは2018年デビュー組のフレッシュなガールズグループ!宇宙の次は公園か…?と最初はグループ名に引っかかっていたのだけれど、お披露目されたメンバーの一人にもう目が釘付けになってしまった。唯一の日本人メンバーで最年長93lineのMIYA様、イケメンにもほどがある…!
去年あたりTWICEのジョンヨンもボーイッシュなスタイリングだったけど、ここまで中性的ビジュアルのアイドルは地味にアンバー以来なのでは…?MIYAちゃんといい美弥るりかさんといいミヤ界どうなってるんだ。最高。MVの出来も素晴らしいので是非とも「Puzzle Moon」と検索窓に押し込んで見てみてください(丸投げ)
中でも私のお気に入りはこのMelting Pointでした。KIWIメディア、全然知らなかったんだけどイ・ヒョリさんが所属する事務所だったんですね!このアルバムはどの曲もオルゴールのような繊細な音が鳴っていてキュンとする。次作も楽しみです

f:id:hoidara:20181229225519j:plain

う~~~んショートカット美人の伏し目、我が国の自慢ですね

 

 

EXO - Oasis
Oasis

Oasis

  • provided courtesy of iTunes

待たされたな~~~!!!まさか一年以上間が空くなんて思ってなかった!でもそのおかげで思う存分宝塚を追うことが出来たのは事実だしメサイア終わって即カムバというタイミングすら神懸かっていて私は彼らから離れられない運命なのだな…と遠くの空を見上げたものだよ。正直宝塚にハマりすぎて自分の心がエクソにカムバするのか…というアホ極まりない不安もあったのですが心配御無用でした。愛!
Tempoは18時音源公開退勤後即DL→切り込み隊長キムジョンデの「I can't believe」を聴いて延々先に進めない………というひとり相撲を経てからアルバム一周した、という思い出があります。君の声は宝だ。
そして選んだ曲はOasisです。エクソの平均年齢は日本でいうところの26歳。Oasisは私の中で大人のエクソなんだよね。デビューして6年経ったいまだからこそ似合う曲なんじゃないかなと思います。この曲は生で聴いたら普段涙腺死んでる私でも泣いてしまうかもしれない…

 

 

ONEW - Blue


ONEW 온유 'Blue' MV

最後はオニュさんのソロデビュー曲。そういえばおにゅさんのソロ出たよな~くらいのテンションでDLして朝の出勤時に初めて聴いたんだけど、どういうわけだか無性に泣けてきて再生を止めてしまいました。私韓国語全然わかんないのにどうしてだろう…いまでもその理由はわからない。ちょっとダウナー入っていたのかもしれないし、でもそれだけで泣くほど心が柔らかい人間じゃないし…だからたぶんBlueの叙情的なメロディーとおにゅさんの歌声がそうさせたんだと思う。歌の力ってすごいな、と思った
この曲がリリースされたのは12月。「푸른 밤」という歌詞が意味と一緒に頭に入ってきたのは泣きそうになった後のことなんだけど、ジョンヒョンを思い浮かべてからはまた別の感情も湧いてしまった。去年はただ現実を理解するだけで精一杯だったのかな、実はいまの方がよっぽど寂しい。でも寂しいという気持ちを無理やり葬る必要もないと思っているので、その感情と上手く付き合いながら彼の残した音楽と彼らが生み出していくであろう音楽を好きでいたい、というのがいまの素直な気持ちです
オニュさん、入隊前に素敵なプレゼントをありがとうございました。いってらっしゃい!

 

 

やっっっとここまで書けた。もう番外編はいいんじゃないか?という気がしてきたけどMAMA2018のファサを記録するまでこの記事は〆ることが出来ないのです!!!ということで間髪入れずにおまけに参る

 

 

宝塚歌劇団雪組 - 葛藤と焦燥
葛藤と焦燥 EPIC(CONFLICT AND FRUSTRATION)

葛藤と焦燥 EPIC(CONFLICT AND FRUSTRATION)

  • provided courtesy of iTunes

配信きてた~!しかも視聴冒頭真彩希帆さんの絶唱パート直後じゃないか…!
ひかりふる路」自体は2017年始動の作品なのですが、私は1月に東宝で観たので2018年の括りに入れておきたかった。雪組現トップコンビはもう歌が上手いとかのレベルじゃない。二人が歌。歌の擬人化?歌の妖精!変な意味じゃなしに本当に劇場ごと抱かれる感じ。あぁ~ファントム楽しみすぎる

 

EXO-CBX - Thursday
Thursday

Thursday

  • provided courtesy of iTunes

アルバム出た当初からこれはライブ向きじゃないしコンサートではやらないだろうな…と思ったけど諦めたくねぇ~!という気持ちが沸々と湧いてきました。日本語曲が増えようとJulietだって諦めないからな…!

 

SEULGI,SinB,CHUNG HA & SOYEON - Wow Thing
Wow Thing

Wow Thing

  • SEULGI, SinB, CHUNG HA & SOYEON
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

韓国芸能界のフットワークの軽さ?事務所の垣根を軽く飛び越えるところほんとに好き。このアートワークから見てもわかるようにスクールカースト上位のダンス部4人組みたいな、かかってきな!な女子のビジュアル最高ですよね。輝いてるよ~!

 

Red Velvet - Butterflies
Butterflies

Butterflies

  • provided courtesy of iTunes

イントロから好きが溢れてしまった…なにかのデジャブな気もしているけどそれがなんなのか未だ判明していません。誰か教えて。気持ちいい浮遊感はさすがバタフライ(?)

 

MAMAMOO - MAMA2018のパフォーマンス(特にファサ!!!)


MAMAMOO_SELFISH(Moon Byul&IZ*ONE Chaewon) + Above Live(Hwasa Solo)│2018 MAMA FANS' CHOICE in JAPAN

ねえもうサムネからして強すぎでしょ?Kポ界のスゴくてツヨいオンナ、その名はファサ!!!
MAMAMOO全体パートはきっと関連動画で出てくるはずだしもちろんこの動画前半部分のムンビョルパートも是非見て頂きたいんですけど、このファサを見ないで年を越すなんて無理だから!元気しか出ないから!なにかとなぎ倒してくれファサ!なぜあなたのことをオンニと呼べないのか不思議でならない!
しかしままむもなんでiTunesから去ってしまったのか…辛すぎる…早く帰ってきて…

 

 

 

他にもIZ*ONEとかジェニちゃんソロとかサムキムくんとか今年も相変わらずK-POP楽しかったです!一昨日のKBS歌謡祭で聴いたにゅいさんのHELP MEもよかったのでいまさらDLして聴いています…あとソンスルコラボステージが最高すぎました
はぁ~~~ひと仕事終えた感がすごい!勝手に恒例行事にしているけどなんだかんだ毎年この時間が楽しかったりします。それでは皆さまよいお年を!

*1:恐らく宙組Shakespeare

*2:日本舞踊家元の娘(お嬢様的わがままでなんでも双葉任せ)花柳香子と並々ならぬ努力をして幼なじみの香子と同じ聖翔音楽学園に進んだ石動双葉のこと。ちなみに天堂=天堂真矢、クロ=西條クロディーヌのは二人の同期で成績トップと二番の二人。真矢クロもいいよね…

2018年宝塚覚書

昨日のタカスペライビュで2018年の宝塚行事を納めてきたので早速振り返り日記を書く!
観劇した公演すべてに範囲を広げると書いている間にあけおめしてしまうので、特に印象に残っているところ中心とします。そしてほとんど花組です。時系列順!

 

 

花組 ポーの一族 第19場 フィナーレF(デュエットダンス)


花組公演『ポーの一族』初日舞台映像(ロング)

(4:40~から短いですが該当場面が映っています)
まずこの公演を生で観られたこと自体が私にとっては大事件だったのだけれど、中でもトップコンビのデュエットダンスがあまりにも素晴らしくて、久しぶりに滝のような涙を流したことはいまでもはっきり覚えています。明日海さんの噛み付くような視線とそれに負けない強さで明日海さんを見つめ返す仙名さん、という踊っている時の二人の表情がとにかくよかった。後日発行された宝塚GRAPH*1にて「もしエドガーが成長していたら、こんな風にシーラに再び挑んだのではないか」という記述を読んでからは、ブルーレイでこの場面を再生する度にたまらない気持ちになります。エドガー、いまはどこにいるのかな…
この公演中、エドガー役の明日海りおさんはブルー*2、シーラ役の仙名彩世さんはピンクグレーのカラコンを付けていたのでより幻想的に見えたのかな~という気もする。このダークブルーの衣装も本当に大好き!歌劇の殿堂で人目も憚らずばしばし写真を撮りまくっていたのはこの私です…長居してすみませんでした;▽;
ポーの一族は全体的に見てもとても満足度の高い公演だった。小池作品の一幕終了間際の登場人物全員集合の図、噂には聞いていたけれど本当に壮観!!!全編カロリー高めな楽曲もミュージカルならではという感じで好きでした。一曲は今年よく聴いた10曲にも入れるつもりです。一生の思い出

 

 

雪組 凱旋門 全編


雪組公演『凱旋門』『Gato Bonito!!』初日舞台映像(ロング)

凱旋門は今年観た演目の中で一番好きです。詳しい感想は単独記事に書いているので略しますが、芸名のジェンヌさんというより役名の人物に興味を持ち、物語に引き込まれた感覚がとても強かったように思う。
その単独記事ではボリス大好き芸人であることを告白していますが、実はジョアンもかなり好き。欲望に真っ直ぐでわがままにも見えるかもしれないけど、セクシーで自由奔放で、放っておくとぽきんと折れちゃいそうな、そういうジョアンが私はなんともいえず好きだった。あの煙草を傾けるスチール最高だよね!
ちなみにショーはアルゼンチンタンゴと黒猫のタンゴがお気に入りでした。トップスターに「ニャー!」と言わせるショーを作ってくださったダイスケ先生には足を向けられない…それどころか観劇後、劇場の外でお見かけしました。やっぱりアロハシャツだった

 

花組 BEAUTIFUL GARDEN 第4章 SPANISH GARDEN(マノレテ)


花組公演『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』初日舞台映像(ロング)

(3:51~からSPANISH GARDEN)
この場面が私の中のBG総合得点を爆上げしていた。いやもうはっきり書いちゃうけどエロス!!!そこがすごくよかった!!!特に明日海さん扮する孤高の闘牛士マノレテとその恋の相手ルペ・シノ(仙名さん)がお互い上着を脱ぎながら向き合い、覆い被さったマノレテがルペ・シノの首筋にキスする………という一連の流れの“上着を脱ぎながら向き合い”の数秒が大好き!!!あの熱の篭った視線を毎日浴びていたゆきちゃんの心の鍛錬恐れ入ります…どれだけ腕が痛くなろうがここだけは双眼鏡降ろしたくなかった。
大劇場公演はちょうど夏休み真っ只中で私が観に行った回は結構キッズがたくさん来ていたんだけど、幼少期にこの超オトナな場面を見ることが出来た子どもたちが羨ましくて仕方ない。見てはいけない気がする…でも気になる…!というモヤモヤは絶対あった方がいいと思う
BGは振付にs**t kingzのoguriさんが入るという個人的に超うれしいコラボレーションもありました。特に野口先生お得意のアイドルコーナーの柚香さんはもうメンズにしか見えなかった。花組最強同期シンメがセンター+振付がシッキンのoguriさん=最高!!!ありがとうございました
あとこの件についてはまだ成仏できていないんですけど、一部の貸切公演にのみ降臨した黒髪短髪のグラディエイターS、本当に見たかった…地毛ver.もあったらしいじゃん…静止画でもいいから見たい黒髪短髪明日海りお…

 

 

花組 メランコリック・ジゴロ 全編

f:id:hoidara:20181224004516j:plain

まず、全国ツアーの演目がメランコリック・ジゴロに決まった時の興奮といったらなかった。BGの項にも書きましたが花組には柚香光と水美舞斗という最強の同期シンメがおりまして、その二人がこのバディ物をやるなんて妄想が現実になりすぎて一周回って嘘なんじゃないかな…?と疑ってしまうほどびっくりした。嘘じゃなかった!!!
しかし今回は予定していた会場のチケットが全然取れなかった。ただ観に行かないという選択肢はなかったんで、まさかあそこまで行くとは…という距離を飛行機でビュンしましたが本当に行ってよかったです。逆に日本国内は全部近場という気づきを得てしまった。こわい
あまりの興奮に記憶をほぼ失ってしまい言語化できるところがほとんど残っていないのだけれど、私は“男役”として舞台に存在している柚香さんのことが本当に好きなんだな、と改めて感じた公演でした。あぁ~大劇場でも花組のスーツ物みたいよ~~!!

 

 

花組 Delight Holiday S3B Delight Paradise B(楽園) 

f:id:hoidara:20181224004637j:plain

いや~~~稽古場映像見たときひっくり返ったよね。そんなことある?って私も天海さんに聞くところだった。私の世界で一番好きなバンド、THE YELLOW MONKEYなんですよ!!!
宝塚ではイエローモンキーの楽曲が私の知る限り二回*3使われていたので初めてというわけではないのですが、まさか自分の好きな組でリアルタイムで聴けるなんて思ってもみなかったのでほんとに腰抜けた。しかも楽園かよ!大好きだよ!速攻「猫も連れて行こう~」の歌詞が思い浮かんだよ!*4
観る前までは一番のサビまで歌って終わりかな、くらいに思っていたのにタカラヅカアレンジに変化した楽園がサビ後もずっと場面で使われていて、私は夢でも見ているのかな…?と本気で幽体離脱しかけた。明日海さんがネクタイを外した瞬間に色気大放出されて死にかけもした。なんてことをしてくれたんだ稲葉先生!愛してる!!!
この公演は楽しすぎて書こうと思えばいくらでも感想書けるんですけど、絞って書くとするなら平成30曲メドレー最後のU.S.A.が最最最最最高すぎて、DA PUMPのU.S.A.を見聞きする度に舞浜ver.がチラついてしまうという後遺症が残りました。どうしてくれるんだ花組生!超愛してる!!!
あの、これ、本当に一部抜粋です。明日海さんの春の雪やみりゆきのデュエダン、MC等々を書くとなると2019年に片足突っ込んでしまうので略しているだけです。いや~楽しかったな舞浜…まさに夢の世界だった

 

 

タカラヅカスペシャル2018 第3場 「ONE HEART」(明日海りお・望海風斗)

f:id:hoidara:20181224005244j:plain

私にとって隣同士で並んでいるだけで幸せになってしまうペアNo.1がこれまた同期同士(しかも予科生時代は同室!)の明日海さん&望海さんなのですが、その二人がお互いトップとしてタカスペの舞台に立ち、一緒に歌う瞬間を目撃することができて本当に胸がいっぱい、感無量、どこから湧き上がってくるのだろうこの気持ちは…というくらいとにかく感動してしまった;;;;今年のタカスペはなんといってもここがベスト
望海さんから明日海さんへの「愛してるよ!」も聞けたし2018年もいい年でした。89期の真顔ショット、どこかではみ出さないかいまから楽しみだな~

 

 

 

ひかりふる路の葛藤と焦燥、BADDYのヤッティ、博多座Sante!!のエイトシャルマン…などなどもう全然書き切れていないけど、そのくらい2018年は存分に宝塚充出来た一年だったのだな~と改めて思いました。どうやら14回観に行っていたらしい。ライビュも入れたらもう少し増える。借金しない限りはセーフだょ…
最後に、私は毎年このブログで“今年よく聴いた曲”を振り返る活動をしているのですが、そこには入らなかったけどたくさん聴いた宝塚楽曲をペタリしてこの日記を締めたいと思います。来年も楽しい観劇ライフを送るぞ~~~

 

 

 

「オレとオマエの秘密航海」(雪組・SUPER VOYAGER!!)

オレとオマエの秘密航海

オレとオマエの秘密航海

  • provided courtesy of iTunes

ラッキーなことに私が一番好きな箇所が視聴部分に含まれています。望海船長がギュッと温めてくれてイヤなことを忘れさせてくれるところです。ご本人も観客もエッ…となったことで有名な名(迷?)歌詞ですが、本当に仕事に行くのがイヤだった時期毎朝この場面を見てから出勤していました、船長ありがとう…
ちなみにこの後に続くメインテーマの歌詞はもっとすごい。壁ドンとか腰グイとか言ってる。しかしお笑いにならないのが雪組子たちのすごいところ!!!

 

「いのち」(雪組凱旋門

いのち(Ending)

いのち(Ending)

  • provided courtesy of iTunes

生で聴くことが出来て本当によかったと思えた曲。視聴部分は望海さんのソロですが、雪組全体の合唱で轟さん演じるラヴィックを見送る場面は涙なしには見られなかった。 

 

「Killer Rouge」(星組・Killer Rouge)

Killer Rouge

Killer Rouge

  • provided courtesy of iTunes

ショーのメインテーマではこの曲が一番クセになりました!キラッキララキラッキラールージュ!どう考えても戦隊モノ。サイトーショーは戦隊モノのテーマ曲生み出しがち!
星組公演はライビュで観たんだけどANOTHER WORLDはいままで観た宝塚のお芝居で一番笑った。笑いすぎてお腹痛かった。瀬央さんの赤鬼最高すぎでしょ…早く映像でおかわりしたい!

 

「The Last Rose of Summer」(花組・BEAUTIFUL GARDEN)

庭の千草 (The Last Rose of Summer)

庭の千草 (The Last Rose of Summer)

  • Sarah Moore
  • ワールド
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

(配信まだでした)原曲はアイルランド民謡だそうです。この曲はデュエダンで使われていた曲なんだけど、ゆきちゃんが退団を発表してからは少し違う意味を持って、より私の中で大切な曲になりました。曲自体もとても儚くて好きです

 

 

 

付け足しが長い!以上で2018年総まとめ宝塚編を終わりたいと思います。もうクリスマスイブになっちゃったよ。おめでとう。いい子にするのでサンタさんチケットください。ダメなら運だけでもいいです。

*1:2018年3月号のThe Costume内

*2:しかも薄い水色・濃い水色・その中間の三種類日替わりだったらしい

*3:雪組タカラヅカ・ドリーム・キングダム」で街の灯、月組龍真咲さんのコンサート「Voice」でSPARK

*4:明日海さんは今年からお猫さまと暮らし始めました。名前はおこげ。かわいい

宝塚ってミュージカルっぽい曲だけじゃないんだねメモ

アイドル好きの中にはアイドルのパーフォーマンスや個々のパーソナルな部分に重きを置かない楽曲重視のファン=楽曲派がいるけれど、宝塚の音楽を好んで聴く人は宝塚のお芝居やショーが好きな人、がほとんどのような気がします。少なくともアイドル楽曲派よりは宝塚の音源のみ聴きます派の人口はグッと減ると思う
ただ、いろんな畑で泥だらけになってきたオタクにはおもしろい発見が思いのほか多かった!あと普通に曲として格好良いというか、宝塚ってTHEミュージカル楽曲だけじゃないんだ~!というのが何よりイメージを覆されたところでもあって新鮮におもしろかったんですよね~~~ということで、2018年現在の特におもしろいな~と思った楽曲を記録したいのでします

 

 

なんだかちょっぴりスティングっぽい曲

冒頭からおいおいなに言ってくれちゃってんの、と言われそうだけど話を聞いて!
この曲は05年初演の花組マラケシュ・紅の墓標」で使われている楽曲で、物語の序盤に当時のトップスター・春野寿美礼さんが歌う作品自体のテーマ曲でもあります。舞台は題名通りマラケシュ=砂漠の街ということで、なんとな~くラクダがいそうな、男性がターバン巻いてそうな、エキゾチックな雰囲気漂う曲………って書いてもわかりにくい。伝わらない。でもこの良い!と思ったポイントをなんとか説明したい!
…と思った時、私はスティング様のこの曲を思い出したのだった

Desert Rose

Desert Rose

  • スティング
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Desert Roseに関しては母親の影響でたまたま知っていた、という状況なのですが刺激されるツボの種類が私の中では同じだった。っていうかデザートローズ=砂漠のバラ=マラケシュの内容との合致度よ!!!
曲自体の雰囲気もそうだけど、Prologue・Maghreb de Sableの何が格好良いってインスト部分なんですよ(春野さんの包容力抜群な歌声ももちろん魅力よ)4:51の半分以上は歌唱パートがない。というか舞台上は春野さん演じるリュドヴィークが袖にはけた後、砂の男と砂の女=ダンサーたちが踊る場面になるのでその伴奏に切り替わるんですね。視聴ではどうしてもそこまで辿り着けないんだけど、あの転調部分のジャズっぽさが最高に格好良いんだよな…宝塚の舞台音楽で最初に震えた思い出の一曲

作曲者は斉藤恒芳さん。この曲だけでなく「マラケシュ・紅の墓標」の使用楽曲はすべて斉藤さんによって手がけられています。作・演出の荻田浩一さんとはよくコンビを組んでいたみたい。で、調べていくとまたひとつ私の足跡と重なる点があったんですよね
で、その足跡とは………仮面ライダーキバ!!!なんと仮面ライダーキバの楽曲担当が斉藤恒芳さんその人だったんですよ!私キバ全話見てたよ!いま振り返って聴いてもほんとに格好良いよね~~!!
12年花組「Victorian Jazz」以降はしばらく宝塚に楽曲提供していなかったようなのですが、18年月組「カンパニー/BADDY」のパンフレットにてお名前をお見かけした時は本当にうれしかったです…!また是非!よろしくお願いします!
※そして下書きに寝かせている間に花組「BEAUTIFUL GARDEN」でまたもや再会できました!ワーイ!

 

 

和楽器とギターとブラスのコラボが最高にクールな曲
鷹と鷲

鷹と鷲

  • provided courtesy of iTunes

タイトル通り。またもや歌唱パートでない部分をメインで褒めることになってしまうのですが、でも舞台を作り上げているのは演者だけではないわけで…!あ、というか今更だけど宝塚が常に生オケであることを知らない方も結構いるんじゃないかな?現に私もそうだった。この事実結構衝撃的でした。以上余談
曲のベースは和だけど洋も取り入れている和洋折衷楽曲…そんな説明でいいのかわからないけれど、和楽器がどっしり土台を作っている上に乗っかる泣き気味のギターと溌剌とした金管組が合わさった時の格好良さと言ったらない。ああ~どんな楽器が使われているのかちゃんと知りたいなあ…
ちなみにこの曲が使われている16年花組の日本物ショー「雪華抄」ですが、衣装デザイン・監修がKEITA MARUYAMAでおなじみの丸山敬太氏です。そういう入り口もあるのか…興味の間口が広い!


花組公演『雪華抄(せっかしょう)』『金色(こんじき)の砂漠』初日舞台映像(ロング)

(0:56あたりから鷹と鷲)鷹=明日海りおさん、鷲=柚香光さんを始めとした男役たちの舞いが非常に勇ましく美しい。コーラスも綺麗で大好きな場面
併設作品の「金色の砂漠」については好きすぎて話が長くなるので割愛します…

 

 

アニメ好きなら即馴染むこと間違いナシ曲
大正浪漫恋歌

大正浪漫恋歌

  • 宝塚歌劇団・柚香 光、鳳月 杏、水美舞斗、ほか
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

OP映像付きだとよりそう感じるはず。だって三次元なのにみんな二次元なんだもの…!(?)鳳月杏さん=ちなつさんの青江冬星、すごいから…脚の長さ原作と同じかそれ以上に長いから…嗚呼映像を見せられないのが残念で仕方ない!いまからでも遅くないからDVD出そう???
…って書くと曲関係ねーじゃん、という感じですが根拠はあります。なぜなら曲の生みの親がElements Gardenだから~~~!!!

マジLOVE1000%

マジLOVE1000%

  • provided courtesy of iTunes

貼っておいてなんですが1期の1話しか見てないから内容は存じませんすみません。でもこの曲だけは知ってるし歌える。めちゃくちゃ流行った記憶がある。そんな「マジLOVE1000%」を世に送り出した作曲家集団こそがElements Gardenなのだ!にわかなのでこれ以上は発言を慎みますが、要するにアニメ界の大物も宝塚舞台音楽に実は関わっていた、ということを言いたかった。
なんでも17年花組はいからさんが通る」の脚本・演出を担当した小柳奈穂子先生が端的に言うとオタクな方なんですね。先日スカイステージの番組でときメモGSの話をしていておもしろかったな…話が逸れました。ちなみに11年月組アリスの恋人」では楽曲担当がElements Gardenであることの他に、衣装協力・BABY,THE STARS SHINE BRIGHTにびっくりした。いやよく考えたら宝塚の世界観にロリータファッションってマッチするよね!?やっぱり興味の間口が広い!誰もが引っかかりそうな種が散りばめられている工夫に感服の一言

 

 

階段から降りてくる時にかかるあの曲

最後は意外!ではなく王道!いわゆるパレード曲です。これは楽曲そのものというよりショーの様式美に待ってました~~!!となるアツさがあるから大好き。でもその気持ちを盛り上げてくれるのもこのパレード曲なんですね。だから結局曲も大事、曲が要。
基本的にはショーで使われている楽曲を繋いで出来上がるものなのですが、毎回毎回どうしてこんなに気持ちよくひとつの楽曲になっているんだろう…と感動する。これで本当にこのショーは終わりだぞ!出し切るぜ!という最高潮の熱を受けたらもう無言で拍手するしかなくなります。たまに双眼鏡を覗きつつ
そしてパレード曲の例として貼った12年月組「Misty Station」はパレードはもちろん、全曲全場面が好きすぎて本当に困ったショーだよ!気を抜いていると魂のルフランが始まったりするので本当に気をつけてください。見終わった直後にもう一度再生するはめになります。霧矢さんの歌がうますぎるんだ…

 

 

宝塚はありとあらゆる方向から楽しめるのでまだまだ探究はやめられそうにないな~と思うし、他の好きと交わるポイントも多々あるので、本当に死ぬまでには一度というより一度も見ないで召されるのはやめて!!!という気持ちです。おしまい