目カメラで撮ったから

しがないアイドル好きです。

2017年上半記

前の記事を書いた時に「もう年末かよ~!」と思っていましたが、今日も「もう6月終わんのかよ~!」という気持ちです。日々語彙力・文章構成力が低下しております、やっほ~
下書きに宝塚覚書が格納されているけれど、どうも完成しそうにないのでその話もここでさっくり記録したいと思う。まだ上半期が終わるまで一週間弱あるけど来週末はもう7月なので!あと単純になにか書く行為をしたかった!以下布教ブログでもなんでもなくただの日記です!!!

 

  

大好きなアイドルの卒業・引退

2月20日は橋本奈々未さんの誕生日であり、彼女が芸能界を引退する日でもありました。私は初めてWordで下書きして削れるだけ中身を削ってこのためだけに買った便箋にお手紙を書いたよ。写真集もとっても素敵だった。これからも遠くからひっそり奈々未さんの幸せを願っています。


ミュージカルと宝塚歌劇団への扉が開いた

2月末に「ロミオ&ジュリエット」観劇。ミュージカル女優の生田絵梨花さんの演技を生で見ること・歌を聴くことができて感激!最終的には大野ロミオ拓朗にも恋をして帰ってきた。歌が上手い、ということは単なる技術だけでは成り立たない…人の気持ちを歌って伝えるミュージカルではなおのこと、とひしひし感じた。レ・ミゼラブルも行きたかった…! 

そして4月、冒頭にも書きました通り遂に宝塚歌劇団のお芝居とショーを生で見てしまいました。一度経験するともう知らなかった頃には戻れない…ってくらい感情が渦巻いて大変だった。柚香光さん…
「男性芸能人に抱く種類のときめきを男役さんにも当たり前に抱ける…!」という発見は私の中の常識をぐらんぐらん揺らしたよ…!この人が女性であることを知っているけれど、もしこんな風に迫られて好きだと言われたら普通に好きになるじゃんそりゃそうじゃん…という。現実でそんなことは起こらないのでまあ心配は杞憂に終わるんですけど、初めての感覚を味わった。だって娘役と踊る時の柚香光さん反則がすぎるでしょ!その身体の触り方いけないと思う!最高だと思う!通路にいるお客様のハンカチを落とすように返すSっぽさもいけないと思う!好きです!!!
お芝居はもちろん、ショーが視覚にも聴覚にも圧倒的すぎて速攻「Exciter!!」の音源を落とした。真飛聖さんver.も大好きなのですが明日海りおさんver.も聴きたいよ~!

Exciter!!(1)

Exciter!!(1)

観劇後とその翌日だけでも50回以上は聴いたと思う。バチッ!バチッ!バチッ!
中毒性が高すぎる…そしてお値段がやさしすぎる…耳だけで聴いていてもポーズが目に浮かびます。永遠に枯れない花、永遠に枯れない花組、永遠に枯れないタカラヅカ



地獄の韓国映画三連発

3月、我が地元の某映画館では「お嬢さん」「哭声(コクソン)」「アシュラ」という怒涛の韓国映画プログラムが組まれていたのですが、無事三作完走することができました~!全部種類の違う地獄でとてもハシゴする気にはならない内容だったけどおもしろかったなあ…CJの日本法人なくなったら今後どうなるのかちょっと不安
以下ネタバレにもならない雑さの萌えメモ

お嬢さん:秀子お嬢様の衣装がどれも最高。背中にボタンが沢山付いているお洋服、着るのは大変だろうけど見る分にも脱がせる分にも素晴らしいデザイン…あとハ・ジョンウ兄貴のペロペロ
コクソン:ファン・ジョンミン氏の悪霊退散サンバその他諸々と、一心不乱に太鼓をドンドコ叩き続ける國村隼さんとの激しすぎるご祈祷対バン、最高ッス…!押忍!
アシュラ:まともじゃないヤツがまともじゃないカーチェイスをしてまともじゃないからキレた時にガラスコップをバリバリ食う!リピーターキャンペーンやっていたけどあれを何回も見られる人強心臓すぎる…まともがわからない、って歌あったよね

6月25日の時点で映画館に行った回数15回。DVDとテレビ放映を合わせると41本観たよ!旧作では「食神」「お葬式」「シング・ストリート」がおもしろかったです



移動中は本が黙々と読める

GWはゆかりのある町にひとり旅行。GW明けにはお久しぶりのエクソさん!
ふと旅行中に気づいたことがひとつ。どうやら移動中は集中して本が読めるらしい。出来ることが限られている状態に持っていかないと本が読めない、って結構問題な気もするけど…

壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)

壇蜜日記 (文春文庫 た 92-1)

 
新装版 隣りの女 (文春文庫)

新装版 隣りの女 (文春文庫)

 

おもしろかった二冊。壇蜜日記の続きがほしい。私はたまに見ず知らずのJKのインスタ投稿を見てへぇ~とか言っている人間なのだけれど、人の日記っておもしろい。もちろん誰かに見られていること前提で書いているんだろうけど、壇蜜日記はブログより私生活感があって紙が合っているなあと思った
向田邦子さんの小説は初めて読んだ。どの短編もものすごく「人間だ…!」という色の内容で好きでした(向田さん、すみませんこんな感想で…)伊丹十三監督の映画を見た時と似た気持ちになったなあ。うまくいってもいかなくても起きて働いて食べて寝るよね。違う作品も是非読んでみたい。だから集中力を養うのです…!
あ、隣りの女にカイくん主演ドラマの原作「春が来た」が収録されています!

ついでに遠出の話。最近は主戦場がもっぱらインターネットなので、対面してあれこれ話すことの楽しさを久々にもぐもぐ噛み締めました;▽;楽しかったなあ;▽;
ペンミでは俺たちのセンターKAI様のLottoがSo HotすぎてこれまでLottoをそこそこ蔑ろにしてきた私も改心した。歌以外のパフォーマンスで記憶が塗り替えられるというのはすごくアイドルっぽいなあ、とふと思った。ところで今年は日本でコンサートあるのかしら



大遅刻で帝一の國に入国

5月最終日に観た「帝一の國」がまさかここまで生活に食い込んでくるとは思わなかった。たけりょんと千葉くんのためにひよっことソースさんの恋を見始めた。映画の内容ももちろんおもしろかったけど、鑑賞後に後追いした番宣番組で某生徒会メンバーに興味を根こそぎ持って行かれて写真集まで買ってしまった。お買い物までのスピードが過去最速だった。自分で自分にちょっと引いた。おいおい大丈夫かよ…と久しぶりに謎の落ち込みタイムがきた。嫌いなものが多いよりはいいのか?でもなあ…とかうだうだ言いながら私は今日もニーチェ先生を見るのです。そうです、間宮祥太朗さんです。
自分に外付けHDDを装着したい。そんなアホなことを考える日が来ようとは…

総括:2017年上半期も元気でした。下半期も楽しく暮らしたい!

 

 

以下年末に向けてのおまけ

Live

Live

  • Akdong Musician
  • K-Pop
  • ¥250
下の名で呼べたのは・・・

下の名で呼べたのは・・・

  • NGT48
  • J-Pop
  • ¥250
青春

青春

  • OOHYO
  • ロック
  • ¥250
Diamond Crystal

Diamond Crystal

  • EXO-CBX
  • J-Pop
  • ¥250

Diamond Crystalの歌い出しの声を初めて聴いた時、大げさでなく本当に涙腺が刺激されてたまらない気持ちになった…チェーーーン!!!好きだーーー!!!
だから彼らのために日本プロモーションどうにかしてくれよマジで。本当に。

K-POPだと最近OOHYOをよく聴く。青春は最近の曲じゃないけどDAYもNIGHTも大好き!アイドルはあまり新規開拓していないけどK.A.R.Dのデビューが楽しみです。
日本のアイドルだとNGT48の衣装がすっごく好みで、追っかけで曲を聴いたらもっと好きになって青春時計買いました。おかっぱちゃんかわいい!おぎゆかちゃん選抜おめでとう!
突然現れたEXILE TRIBEはハイローを見たので…イントロのパリピ音聴いたら否が応でもフゥーー!!ってなる。END OF SKYは気が向いたら行く。スモーキーと日向さんがいっぱい出るなら行く

他にもNCTとかKREAMとかMAMAMOOとか!ここまで書いて気がついたけど私2月にNCTもRed VelvetもOH MY GIRLも観に行きました!端折ってごめん!でも体力と眼の限界だ!
しばらくはApple Musicから離れられそうにないな…こんな感じでジャンル問わず気の向くままに興味を持ったらどんどん聴いてみようと思います!おまけが長い。おわる!

2016年よく聴いた曲TOP10

今年も残すところあとわずか、の意識がまったくないまま12月下旬に突入してしまった!エクソの冬アルバムも出たことだし、ここらで今年もよく聴いたな~と思う曲を並べてみようと思います

・隅っこ端っこ個人のブログなのでジャンル分けは特にナシ(とはいえK-POP多め)
・ただし1グループにつき1曲に絞っています(ユニット・ソロは別)
・順位はあってないようなものだけどあえてつけた!

選考基準はざっくりこんな感じ。どれにしようかな~と考えていると今年もいろいろ聴けて楽しかったな!という思いでいっぱいになる!特に今年はApple Musicを始めたことがかなり大きいです。なんでもっと早くに始めなかったんだ!
ということで以下探り探りで書き進めていくよ~~

 

 

 

10位 Red Velvet - My Dear

My Dear

My Dear

れっべるは新譜が出る度フィジカルでも買うくらい好きなんだけど、今年出た曲の中で一番聴いたのはMy Dearでした(次点でCool Hot Sweet Love…でもLight Me Upも好きだな)
My Dear,My Love,My Best~のパートを聞いて、久々にどんな歌詞なんだろうと思い検索したら愛しさが倍増した♡なぜかウェンディにめちゃくちゃ似合う!と思っている。作曲を見るとMonotree*1だったので自分の中ではなるほど…となった記憶が
今年はスルギとイェリが事故で一時活動休止という心配な出来事があったけれど、2017年は何事もなければよいなあと切に願います。来年お目にかかれる日を楽しみにしております!

 

 

9位 ELO - Rose


ELO (엘로) - ROSE MV

アイドル以外のK-POPをたくさん聴くぞ!が2016年の小さな抱負でした、が、案の定気になる人が多すぎてしっかりフルで聴いた人は少なかったかもしれない…そんな中Apple Musicのオススメ欄で見つけたELOの「8 Femmes」は結構ハマってたくさん聴いた
買う!と決断させてくれた試聴曲はWax Mannequeenのこれから一体なにが起こるんだ…?と思わせてくれるイントロだったんだけど、いまのところの再生数が一番多い曲はRoseだったのでこちらを(Roseがタイトル曲だったんですね、いま知った)しかしELOさん92lineって…若い…

 

 

8位 Sam Kim - Seattle

Seattle

Seattle

2016年度最優秀安眠導入剤。気持ちが後ろ向きの時に聴きたくなる曲だった
インガで偶然見かけなかったらきっといまも彼の存在を知らなかったと思うので、早送りしないで見るのも大事…と強く思った一件。さっきELOさん若いって書いたばっかりだけど、サムくんはなんと98年生まれ!なぜこんなに味わい深いエエ声が出せるのか
余談ですがサムくんは韓国系アメリカ人なのでツイッターもほとんど英語。最近はドラマのOSTに参加したとか!カムバお待ちしております~

 

 

7位 橋本奈々未(乃木坂46) - ないものねだり

ないものねだり

ないものねだり

iTunesでは乃木坂46名義ですが橋本奈々未さんのソロ曲です。ああ、いい曲に当たってよかった…と思ったもう心底思った。ユーミンの翳りゆく部屋を彷彿とさせる、遠くから聞こえてくるようなやさしい曲です。ストーブで十二分に暖まった部屋でひとりひっそり目を閉じて静かに聴きたい
いままでぐるカーを除いてどのシングルも一枚ずつしか買っていなかったんだけど今回初めて生写真、奈々未さんが出ました。今年1、2位を争う奇跡の瞬間だった…
ちなみにないものねだりは一番お安い通常盤の収録曲です!レンタルショップにも一番多く置かれているでしょう!iTunesにもあるよ!

 

 

6位 BLACKPINK - BOOMBAYAH


BLACKPINK - '붐바야'(BOOMBAYAH) M/V

\ランパンパラパラパパンパン!/\オッパー!/
ブラピを気にし出したのは火遊び活からなので少し出遅れでしたが一時期「Square Two」は狂ったように聴いていた。中でもボンバイヤのパンチの強さ!猪木!…すみません言いたいだけです
しかしこのミニアルバムどの曲もよかったなー。STAYも口笛のアコースティックver.もじんわりしみる。あと火遊びのサビのダンスは家で真似するのが楽しかった(もちろんお見せできるものではない)
特にジェニちゃんの声が好きです。見た目も好き。でもジスちゃんもスラッとした美人だしリサちゃんもロゼちゃんもかわいい…YGの主張するぞ!!!な女の子像もいいな~

 

 

5位 LAY(ZHANG YIXING) - what U need?


LAY 레이_what U need?_Music Video

過去にれいさんが発表してきた楽曲はどちらかというと叙情的な、しっとり聞き入る系統が多かったのでwhat U need?が出た時は意外!という驚きでいっぱいだった。同時にポップの引き出しもあったのか~~!!という興奮がもう止まらなかったよチャンイーシン天才…曲も作るし歌もうまいのにグループの中ではダンサーラインってどういうこっちゃすきーーー!!!
あとSMにありがちな深読み難解MV、ではなく単純明快な明るさでれいさんとダンサーさんのダンスが楽しめるこのMVも大好き!おしり叩く振りかわいい。どこかでベッキョンが真似していたけどそれもかわいかった~♡エクソみんなでこれ踊ろ…
れいさん、本当に身体には気をつけてね。元気が一番大事です!byドギョンス先生

 

 

4位 EXO-CBX - Juliet 

Juliet

Juliet

自分で縛りを設けてしまったばかりにHey Mama!とめちゃくちゃ迷った…Hey Mama!の方は元々の好みをアイドルが出したパターンだったので文句ナシに好き!MVのコンセプトのひとつがキングスマン、と聞いてジョンデまじでマーリンだったのかよ…というトキメキに震えたよね。マーリン好きなんだようおう………でも最終的に選んだのはJulietという
この曲に関しては感覚的にすき!という感じなので特に言いたいことはない!なんていうかすごく聴いていて気持ちいいんだよな~声の重なりが…あとこれ言ってるの私だけかもしれないけど宇多田ヒカルの幸せになろうを思い出す。お手元に音源がある方は是非聴いてみてください…違ったらごめん
今年の11月はCBX活と逃げ恥に生かされていました。生かしてくれてありがとう

 

 

3位 OH MY GIRL - 한 발짝 두 발짝 (Step By Step)

한 발짝 두 발짝 Step By Step

한 발짝 두 발짝 Step By Step

通称一歩二歩!この曲本当に良い曲だよね…上位になるにつれて語彙力が尽きてきた感ありますが、歴代おまごるちゃん楽曲の中でもトップ3に入る勢いで大好きです。前の記事にも貼ったけど、歌番組時のレトロな制服衣装もかわいらしくて素敵でした!
ありがたいことに今年初めて生でパフォーマンスを見ることができたのですが、一歩二歩も聴くことができて感無量。ジホちゃんの日本語がお侍さん的な堅苦しさで(誰が教えたんだ!)あの日以来勝手にジホ殿と呼んでいます。殿、麗しゅうございます…
2016年のおまごるはなかなかに活動的でこちらとしてはうれしかったけど、忙しすぎるのもそれはそれで心配になるものです…なんかさっきからこういうことばっかり書いている気がする?バランス!

 

 

2位 THE YELLOW MONKEY - ALRIGHT


ALRIGHT / THE YELLOW MONKEY

1位と2位は同率です。先に世に出た順です。ということでこっちが先!
イエローモンキーの再結成については思うこと言いたいこと書きたいことがありすぎて結局なにも書かなかったんだけど(言い訳)まず新譜をリアルタイムで体感できるなんて思っていなかったから…!あらゆる新曲出します!ニュースの中でも人生イチの興奮だった。もうこれははっきりと言える
1月8日の手の震えと鳥肌もツアー初日の全国中継もしっかり覚えています。朝日新聞も買ったし街頭ビジョンも見に行ったよ!この件に関しては上手く言葉にできないけどとにかく喜びばかりなのです…なによりイエローモンキーの曲だなあ!と思える曲で戻ってきてくれたことが本当にうれしかった
そして生でライブを見てもっともっと好きになりました。サックの絡み&復活後初キッスも拝めたし個人的には薔薇娼婦麗奈が聴けてしぬほど心が燃えたエマのギターソロ………28日にはメカラウロコがあるし紅白もあるしでまだまだ好きを更新できるぞヤッターー!!

 

 

1位 EXO - Lucky One


EXO_Lucky One_Music Video

私本当にラキワン大好きなんだな…とこの記事を書きながら改めて思った次第。いま一番熱を注いでいるグループがこの手の楽曲をタイトル曲として発表する現実最高だな!?ということです。Hey Mama!と同じく曲自体がド好みなんだよーー!!正直MVはそこまで気にしていません。でもかいくんがいきなり踊りだすところはシュールで好き。っていうかこれもキングスマンオマージュ入ってない?
Kドルの楽しいところはラキワン現象(=曲だけでもブチ上がるの意)が頻繁に起こるところなんですよね。曲*2はまあ置いておいて、ということがあんまりないからスゲー!と思うのです。だって嵐がラキワンだしたらぶっ飛ぶでしょ!?はあ~ぶっ飛ばされて幸せ
今年はコンサート4回行ったけどオーラスアンコールのカイレイバッキバキダンスで双眼鏡が割れた。2016年だと他にはMonster,Lotto,For Lifeというタイトル曲がありますがぶっちぎりでラキワン優勝です!だから来年のツアーでは本編に組み込んでくれ頼む

 

 

 

よしなんとかここまでたどり着けた!しかし本当に苦渋の決断・断腸の思いで10曲に絞ったので、ここから先は2016下半期この曲も好きだよ記録としてペタペタ貼っていくことにします
2016上半期については以下参照。いや~でも本当ソムタもソバンチャも入れたかった…

↑にも7月出しがありますが↓にもあります。そこら辺はアバウト

 

 

 

Wonder Girls - Sweet & Easy
Sweet & Easy

Sweet & Easy

  • ワンダーガールズ
  • K-Pop
  • ¥250

Why So Lonelyに秋頃ハマってSweet & Easyに行き着いた。過去作をまだあまり知らないのでApple Musicの「はじめてのワンダーガールズ」で絶賛お勉強中

東京女子流 - 深海
深海(Hi-ra Mix)

深海(Hi-ra Mix)

ロイヤルミラボver.はもう少し前から出ていたけどこっちの方が好み!ジャパニーズトロピカル!女子流ちゃんはKドルと共通点が多いのでいつかなにかしら書けたらいいな、と思ってまた1年が終わろうとしている…早くお茶の間に見つかってほしいガールズグループNo.1

宇多田ヒカル - 道
道

「黒い波の向こうに朝の気配がする」から始まる冒頭の歌詞が特に好きだった。誰もが使う当たり前の言葉でハッとさせられた時、すごくどきどきします

星野源 - 恋


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

逃げ恥視聴者だったので毎週火曜22時が楽しみで仕方なかった…イントロの二胡のメロディーを聴くだけで気持ちが上向きになる!恋を機にまた最新音源も追ってみようかな~と思っているところ

MAMAMOO - 데칼코마니


[MAMAMOO - Decalcomanie] Comeback Stage | M COUNTDOWN 161110 EP.500

この日のMカを見て気分的には床に背中着くくらい圧倒された。客席と会場の空気を巻き込む力が強いしなにより4人の歌力がはんぱない…月並みな言葉で申し訳ないけど本当に感動した。ママム!ママム!このアルバムだとModeratoも好きです

 

 

 

付け足しが長い!他にもJay Parkがパク・ジェボムで元2PMメンバーということにようやく気がついたり最近だとリリスクの現体制が終わることに時の流れを感じたり…日本の女性アイドル界隈にはすっかり疎くなってしまったけど欅の勢いはすごいな~
ジャニーズだとセクゾンの4thアルバムが超よかった!中島健人ソロめちゃくちゃファンク…そしてふまけんユニット曲がまさかのElectric Shockで私のごちゃまぜTLだとf(x)の話なのかセクゾンの話なのかがわからなくなって一時混乱しました。あとやっぱりカラフルEyesが大好きです!
いや~~~本当にあと6日で今年終わるんですか!びっくりだね!ちなみにいまはテミンさんのSexuality聴いていますカッコイイ。もう終わり方がわからないのでここで〆よう…たまにしか動きませんが来年もよろしくお願いいたします。おしまい!

*1:韓国のプロデューサーチーム。日本でいうところのagehaspringsみたいな感じだと思います。Red VelvetだとDay1やTake It Showも彼らの作品。そして私の大好きなEXOのMy Answerも…!

*2:日本のアイドル楽曲が格下とかそういう意味では勿論ないです。好みのジャンルはアイドルじゃないところで聴けばいいや、という気持ちがアイドル楽曲でも満たされる場合が多いということ。私の好みが昨今のKドル主流にハマっているだけとも言えますが

「サヨナラの意味」の発売によせて

乃木坂46橋本奈々未さんが来年の2月20日をめどにグループから卒業、そして芸能界を引退する。

正直な話、私はデビュー以降ずっと同じ熱量で乃木坂ちゃんを見ていたわけではありません。具体的な話をすると、乃木どこが工事中にリニューアルしてから少しずつ見る回数が減っていき、卒業発表されるまでの私の主なファン活動はCDを聴くこと、奈々未さんを中心にメンバーの公式ブログを読むことに留まっていました。
そもそも以前から奈々未さんの個人PVが入っているタイプしか買わなかったし、いままで一度も握手会に行ったことがない。ライブにも行ったことがない。正確に言うと一度チケットは取れたのだけれど、どうしても外せない用事と重なってしまって行けなかった。でもそれ以降のライブに関しては行けなかったのではなく、私が行かなかった。
ここまで書くと、たいして好きじゃなかったんじゃないの?という感じがする。でも、私は私なりにたぶんすごく好きだった。こんな風に好きになれる同性の芸能人はしばらく現れないんじゃないかなと思えるくらい。

 

「彼女のどこが一番好きなの?」と聞かれた時、私の場合歌とダンスはたぶん先頭にはこない。性格、というのも曖昧すぎる気がするし顔はもちろん大好きだけど、顔だけがここまで長く彼女を好きでいた理由にはならない(でも本当に美人だと思う)
とどのつまりもうどことかないんですよ。強いて言うなら立ち振る舞いというか話し方だとか、そういうところ全部含めて彼女が我々に見せていた姿そのものが好きでした。説明する能力が私に備わっていないだけ、というのが大正解なのかもしれないけど、どことはっきり指せる部分ってないのかもしれない。彼女がこう見せようとしてメディアに発信してきた橋本奈々未像が私は本当に好きだった。元々乃木坂ちゃんに関しても瞬間のライブ感よりは完成された作品という名の世界が好きだったのもあるし、だから私は生で見る・聴く・会うことにこだわらなかったのかなという気がする。
※蛇足なので詳細は省きますが、個人的な事情により遠征を控えていた時期があったこともライブに足を運ばなかった要因の一つにはあります。そしてこれももしも話だけど、私が都内に気軽に行ける距離に住んでいたらこの考えには至っていないかもしれません。

 

テレビや雑誌に出ている姿を見たり、インタビューの受け答えを聴いたり読んだり、MVの中にいる橋本奈々未を演じる橋本奈々未さんを見たり、そういう時間が私の生活の中ではとても楽しく素敵な一時でした。写真ひとつにうわーって射抜かれたような気持ちになったり、彼女の発した言葉にハッとしたり、そんなひとつひとつがなんだかすごく大事に思える。いま書いてみて気づいたけど、自分が思っている以上に奈々未さんは私の中でアイドルだったんだなあ。
ちなみに地元で開催されるイベントにはだいたい行っていたのですが、それでも生で彼女を見たのはぐるカーのミニ握手会、ラジオの公録2回、映画の舞台挨拶の計4回。これが多いのか少ないのかはわからない。でも行くまでも最中も行ってからも明るい気持ち以外持ち帰ることはなく、つまり行ってよかったという思い出しかありません。誰かとわくわくを共有する時間も含め楽しかった!

 

いろいろ語りたいなら生でアイドルとしてステージに立つ姿を見なよ、握手会にも一度行って見なよ、という意見はあって当然だし私も行ってみたい気持ちがないわけじゃない(どちらも激戦ということは踏まえた上で)でもここまできたらもう、いままでと同じ距離感のまま、最後まで活動している姿をリアルタイムで追えたら私はそれで十分なんじゃないかな、と思っています。
なにより彼女が乃木坂46を卒業し芸能界を引退する、という発表を聞いて私が最初に思った感想は「あぁ、よかったな」だったから。好きなアイドルが卒業してうれしいなんておかしいのかもしれないけど、長くこの世界にいる人ではないと心のどこかで思っていたところもあったので、私たちの目に見えないところに行ってしまうという寂しさはあれど、私は真っ先に祝福したいと思ったのです。
なにより皆に惜しまれながらも潔く去っていく、ってすごく幸せな卒業の形だと思うんですよね。アイドルに願望を押し付けるのは好きじゃないけど、橋本奈々未さんの選んだ道もタイミングも、私の理想に重なる部分が多くあってもうなにも言うことがない。ここまで書いておいてなんだけど。

 

会いに行けるアイドル、というフレーズはまだ乃木坂46にも当てはまるところがあると思う。でも私は会いに行けなくてもよかった。この距離感しか知らないから言えることかもしれないけど、昔のアイドルのように遠くから見て応援するスタイルも全然悪くなかったよ(しかしよくよく考えたら数年前まではそれが普通だったんだから、間近で会えるって本当にすごいことだ)
あと数ヶ月、悲しみすぎず惜しみすぎず、ある意味いつも通りに応援していけたらいいな、と思えたところでこの記事を終わりにしたいと思います。だってまださよならを言うには早すぎる…!
…と書きつつ最後に少しだけ付け足し。いま現在その卒業・引退に関して様々な媒体で話題になっていますが、私は奈々未さんがアイドルとして過ごしてきた日々を振り返った時に(これはファンのエゴでしかないかもしれないけどやっぱり)やってみてよかったな、楽しかったな、という思い出が多くあってほしいと心から願っています。しなくていいはずの悲しい思いやつらい気持ちはなるべく少なくしてあげたい。してあげたい、と言ってなにができるわけでもないのだけれど、そう考えています。
どうか笑顔で、無理なく楽な気持ちでいられる時間が長くありますように。しんどい、と思った時には誰かが側で見守っていてくれますように。それはいまに限らずこの先もずっとそうであればいいな、と思います。本当に。

 

2016年11月9日、16thシングル「サヨナラの意味」発売おめでとうございます!
私は橋本奈々未さんのファンでいられて幸せです。大好きだよ!